検査

外来迅速検体加算の算定項目

入院外の患者に対して実施した検体項目であって下記の項目の結果について、検体実施日のうちに説明した上で文書により情報を提供し、当該検査の結果に基づく診療が行われる。

  • 末梢血液一般
  • CRP(C-反応性蛋白)
  • グルコース(血糖)(BS)
  • HbA1c(NGSP)
  • 尿一般検査
  • 沈査-尿
  • インフルエンザウイルス抗原定性
  • A群β溶連菌迅速試験定性

内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ等)

先端にカメラの付いた細い柔軟なチューブを鼻又は口、肛門から挿入し消化器官内部の検査で、食道癌、胃癌、大腸癌の早期発見に努めております。

超音波診断装置(カラードップラー付)

心臓、頚動脈、上・下腹部、乳腺、甲状腺等のエコー

脳波検査

精神、神経疾患の鑑別診断に役立ちます。

心電図検査

患者さんの大きな負担(痛み、放射線被曝、時間的拘束など)をかけることなく実施することが可能です、すぐに波形記録を確認でき、かつ得られる情報量が多い、不整脈、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の早期発見に努めております。

眼底検査

眼底出血、網膜剥離、視神経炎、黄斑変性の早期発見に努めております。

眼圧検査

緑内障の早期発見に努めております。

呼吸機能検査

喘息、間質性肺炎、じん肺の早期発見に努めております。

血圧脈波検査

動脈硬化の早期発見に努めております。

呼気一酸化炭素濃度測定

ニコチン依存症の検査を行えます。