病院のご案内

診療科目

  • 内科(呼吸器・循環器・消化器・腎臓・人工透析)
  • 外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 人間ドック・脳ドック
  • ニコチン外来

標榜診療時間

  • 午前08時30分~午後12時30分
  • 午後02時00分~午後05時30分

休診日

日曜・祭日(急患は除く)

当院の看護について

1.地域一般入院料3【15対1】(1病棟51床)

  • 当日病棟では、1日11人以上の看護職員(看護師及び準看護師)が勤務していきます。
  • 日勤看護師職員7名以上、夜間看護職員2名以上が勤務しています。

2.療養病棟入院料1【20対1】(2病棟48床・3病棟40床)

  • 当病棟では、1日6人以上の看護職職員(看護師及び準看護師)が勤務しています。
  • 当日病棟では、1日6人の以上の看護補助者が勤務しています。
  • 日勤看護職員4名以上、夜間看護職員1名以上が勤務しています。
  • 日勤看護補助者4名以上、夜間看護補助者名以上が勤務しています。

3.療養病棟入院料金2【25対1】(5病棟60床)

  • 当病棟では、1日6人以上の看護職職員(看護師及び準看護師)が勤務しています。
  • 当日病棟では、1日6人の以上の看護補助者が勤務しています。
  • 日勤看護職員3名以上、夜間看護職員1名以上が勤務しています。
  • 日勤看護補助者3名以上、夜間看護補助者名以上が勤務しています。

4.当病院においては、患者の負担による付添看護は行っていません。

保険・指定・登録

  • 国民健康保険医
  • 健康保険医
  • 結核予防法指定医
  • 産業医
  • 身体障害者福祉法指定医
  • 生活保護指定医
  • 救急告示病院
  • 労災指定病院
  • 胃・大腸・肺癌精密検査医療機関
  • 糖尿病登録医

関東信越厚生局への届出項目(施設基準)

  • 地域一般入院料3(第144号)
  • 療養病棟入院料1(第158号)
  • 療養病棟入院料2(第143号)
  • 看護配置加算(第144号)
  • 看護補助加算1(第144号)
  • 療養環境加算(第4号)
  • 重症者等療養環境特別加算(第29号)
  • 療養病棟療養環境加算1(第82号)
  • 感染防止対策加算2(第67号)
  • 後発医療品使用体制加算3(第8号)
  • 入院時食事療養・生活療養Ⅰ(第256号)
  • ニコチン依存症管理料(第61号)
  • 神経学的検査(第55号)
  • CT撮影及びMRI撮影(第310号)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅲ(第111号)
  • 運動器リハビリテーション料Ⅱ(第231号)
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅱ(第55号)
  • 人工腎臓(第19号)
  • 人工腎臓導入期加算1(第74号)
  • 透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算(第86号)
  • 胃瘻造設術(第11号)
  • 酸素の購入単価に関する(第28550号)

高額療養費制度の自己負担限度額(月額)

1.一般(70歳未満)

区分自己負担限度額(月額)多数回該当の場合
標準報酬月額
83万円以上
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%140,100円
標準報酬月額
53万~79万円
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%93,000円
標準報酬月額
28万~50万円
80,100円+(総医療費-558,000円)×1%44,000円
標準報酬月額
26万以下
57,600円44,000円
低所得者
(住民税非課税)
35,400円24,600円

2.70歳~74歳(75歳以上、寝たきり等一定の障害があり認定を受けた65歳以上の者を含む)

区分外来(個人ごと)外来+入院(世帯ごと)多数回該当の場合
現役並み標準報酬月額
83万円以上
252,600円+(医療費-842,000円)×1%140,100円
標準報酬月額
53万円以上
167,400円+(医療費-558,000円)×1%93,000円
標準報酬月額
28万円以上
80,100円+(医療費-267,000円)×1%44,000円
一般標準報酬月額
26万円以上
18,000円
(年間上限144,000円)
57,600円44,000円
低所得者Ⅱ
(住民税非課税)
8,000円24,600円
低所得者Ⅰ
(住民税非課税、年金収入80万円以下)
8,000円15,000円

入院時食事療養費に係る項目

当院では管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供しています。

1)入院時食事療養標準負担額(患者負担額)

区分1食当たり標準負担額
(1日3食を限度)
一般460円
70歳未満低所得、70歳以上低所得者Ⅱ・Ⅰのいずれにも該当しない小児慢性特定疾患児童等又は指定難病患者260円
70歳未満低所得者、70歳以上低所得者Ⅱ過去1年間の入院日数が90日以下の場合210円
過去1年間の入院日数が91日以上の場合160円
70歳以上低所得者Ⅰ100円

2)入院時生活療養標準負担額(患者負担額)

療養病床に入院する65歳以上の者の生活療養費(食事・居住費)に係る標準負担額(患者負担額)

対象者区分生活療養標準負担額
平成30年4月1日~
食費(一食)居住費(一日)
医療区分Ⅰ
(医療の必要性の低い者)
一般所得入院時生活療養(Ⅰ)460円370円
入院時生活療養(Ⅱ)420円370円
65歳以上
70歳未満
低所得(区分オ)210円370円
境界層該当者100円0円
70歳以上低所得(Ⅱ)210円370円
低所得(Ⅰ)130円370円
境界層該当者100円0円
医療区分Ⅱ・Ⅲ
(医療の必要性の高い者)
一般所得
入院時生活療養(Ⅱ)460円370円
入院時生活療養(Ⅱ)420円370円
精神1年超260円370円
境界層該当者260円0円
65歳以上
70歳未満
低所得(区分オ)入院日数90日以下210円370円
(指定難病患者)210円0円
入院日数90日超160円370円
(指定難病患者)160円0円
境界層該当者100円0円
70歳以上低所得Ⅱ入院日数90日以下210円370円
(指定難病患者)210円0円
入院日数90日超160円370円
(指定難病患者)160円0円
低所得Ⅰ100円370円
指定難病患者100円0円
境界層該当者100円0円

特別の療養環境に係る事項

1)個室の差額が発生する病棟および病室

  • 1病棟 120号室 3,240円
  • 1病棟 121号室 3,240円
  • 1病棟 122号室 3,240円
  • 1病棟 123号室 3,240円

保険外併用費に係る事項

1)入院期間が180日を超える入院について

  • 1日についての特別の料金 950円